契約時は慎重に考える | 株式会社クラストで投資の成功を収めよう!

株式会社クラストで投資の成功を収めよう!

マンション

契約時は慎重に考える

連帯保証人の有無

不動産と女性

親族などを事前に連帯保証人を立てておきながら、別に家賃債務保証を行うため家賃保証会社を使っていかなければなりません。現在は義務づけているケースも多く出ており、徐々に増えてきています。理由として家賃債務保証について、家賃保証会社より賃貸仲介会社に対して手数料や謝礼としてキックバックが支払われているためです。保険でも同様に存在しており、賃貸借契約で加入を求めてくる家財保険であったり、住宅総合保険においても同様のケースがあります。中には引越し会社より賃貸仲介会社に一定の手数料などを支払うケースもありますが、本来ならば仲介手数料以外として計算されています。これらの副収入源が、家賃債務保証として活用されていることもあります。

優良な借主を見ている

家賃債務保証を行っている家賃保証会社からみると、立て替えている滞納している家賃をしっかりと後で回収できない時に穴埋めを探しています。契約を行ってから滞納することがない優良な借主に対して、保証料を徴収したい状況でもあります。そして賃貸仲介会社では関連会社が主に保証業務を行っています。すると自動的に、保証会社を利用するケースも出てきます。家賃債務保証に関して、いろいろな仕組みが出てきているため、着実に利益を確保したい面を持っています。本来ならば連帯保証人の代わりとして位置づけられていますが、徐々に離れているケースも出てきています。したがって家賃債務保証を考えて家賃保証会社と引っ越すまで契約するか、もしくは連帯保証人が全く見つからない時だけ利用するか、事前に確認する必要はあります。