収益不動産の概要 | 株式会社クラストで投資の成功を収めよう!

株式会社クラストで投資の成功を収めよう!

マンション

収益不動産の概要

収益不動産の物件の特徴

悩む男性

収益不動産の物件というのは、収益をもたらしてくれる収益物件のことを言います。この収益物件には、主に2つの特徴があります。1つ目としては、人に貸し出してそこから毎月家賃収入を得ることができるインカムゲインという特徴があります。2つ目は、不動産そのものを売却してその売却益を獲得するキャピタルゲインという特徴があります。かつて日本も高度経済成長期にはキャピタルゲイン狙いをする投資家達も多かったですが、現在はインカムゲインを狙う投資家達の方が多いです。その方が現在の日本経済には、マッチしているからです。現在は、不動産の価値が買った時よりも値上がりすることは稀なケースであり、それならば毎月安定した家賃収入を得た方が得策であると投資家達は考えているわけです。

気を付けておくべき点

収益物件で収益をより上げていくためには、優良な収益物件を探す必要があります。どのようなことに着目して選べば良いのかですが、それは住居系の物件に絞ることをオススメします。住居系の物件の利回りはだいたい6%前後と決して高くはないですが、住居系の物件は他の事務所系やテナント系と比較しても空き室リスクが少なくなりますので、その分ランニングコストが低く抑えることが可能です。つまり、それだけ利回りが高くなるというわけです。不動産の広告で利回りは事務所系やテナント系の方が一見高く見えますが、それはランニングコストを差し引かない表面利回りで計算されていますので、ランニングコストを差し引くと意外と事務所系やテナント系の利回りは低くなります。以上の点に注意しておきましょう。